ハイウェイにおいてまかいの牧場へ

富士山の絶景を望める静岡のまかいの牧場は、拡大の世の中から酪農業に取組み続けている。
富士山の麓、朝霧高原にあって、ここは日本でも有数の酪農地帯だ。

まかいの牧場では、動物とのふれあいや牧場過去として豊かな意識を育み、自然とふれあう項目の楽しさ、飯の大切さ、生の尊さを体感することができます。
またブランコなどの玩具もたくさんあって、広々とした自然の中でおとなも子供も一緒になって遊ぶことができます。
さらにパノラマのいい丘でのアスレチックは最高です。
心も身体もリフレッシュする案件ダヨ。

日本晴れのお天道様におすすめしたいのが、一旦乗馬過去だ。
初めての乗馬も安心のオフ馬で、馬の背中に揺られながら、日頃味わえない見晴らしを見ることができます。
また放牧ところでは、羊たちがとことんというあかすその向こうに、富士山の絶景を眺めることができます。
ここでは雄大な天然を人体いっぱいに感じ取ることができます。

豪雨のお天道様には、ふれあい部屋でウサギやモルモット、ヒツジ、ヤギなどの動物たちに触ったり、トランポリンや卓球で体を動かしたりしてはいかがでしょうか。
また食の過去作業場・料理テラスや、物品リサーチ・陶芸作業場では、様々な過去ができます。
手作り母乳によるバターやチーズ、丸っこい粘土から手段びねりで考える陶芸など、豪雨のお天道様だからこそ年月を気にせず悠然と体験できます。

まかいの牧場へは、東名ハイウェイ富士I.Cから約半、新東名ハイウェイ新富士I.Cから約半、中位ハイウェイ河口湖I.Cから約40取り分で集客できます。
やはり地下鉄やバスで来院頂くことも可能です。

愛車での発進は全然大喜びの子供も、狭苦しい車内でしげしげとしてるのは大の嫌悪だ。
動きたくて動きたくてうずうずしてる筈。
そのため休息時刻はできるだけ、力一杯出来るようにしてあげたいものです。
休息時刻は父兄にとっても子供たちにとっても大切なブレイクタイムだ。
2年月おきぐらいに、こまめにとって引き上げるのがいいと思います。

子供達は何にも興味津々で、そういった子供たちの好奇心を刺激するSAやモータープールが全国にはたくさんあります。

徳島愛車ストリートの上板SA(下り線)には、西日本のSAでは初となる、院内玩具や家族便所を備えた、お子さまをお連れの人さまターゲット食堂「かみいた子かふぇ」があります。
料金(おとな600円、小学校300円、未就学児100円、老人500円)が必要ですが、アイスクリーム・飲み物食べ呑み放題という院内玩具はゲーム放題となっています。

またドライブ中退屈しないように子供たちにあこがれを持たせて贈るって、現場までの通り掛けも子供たちにとっては嬉しいものになるはずです。

西日本高速道路管内のSAには、地元の名勝や名産品等を主題にした奇抜スタンプ「高速思い出スタンプ」があります。
思い出スタンプをかき集めるためSAやモータープールに立ち寄る楽しみも目立ち、トラベルの記憶づくりになるのではないでしょうか。

ただ休息に立ち寄るだけではなく、家族で楽しめるSA・モータープールをなんとも利用して下さい。http://xn--38jxbva1161a1zu1wuitfm0rof7b.xyz/