ワーク圏外のことは!?

君たちワーク圏外という単語を知っていますか?
海外で健康を強めることを「ワーク圏外」と呼ぶのですが、最近では筋トレブームもあり日本でも「ワーク圏外」という単語を見聞きすることが多くなりました。
日本では健康を鍛えて筋肉を付けることを「レッスン」というのが一般的ですが、海外では健康を強めることを「レッスン」って叫ぶことは二度とありません。
では「ワーク圏外」と「レッスン」という2つの単語にはどういった違いがあり、ワーク圏外で効率よく行うためにはどんなことに気持ちをつければいいのか説明していきます。
日本では「筋トレ」という単語が存在するように、クラブで健康を鍛えて筋肉を塗りつける作用を「レッスン」としていますが、米国では絶対にそんな風には言いません。
「レッスン」という単語はもちろん米国にも存在しますが、日本で使われていることと米国での本来のこととでは大きな違いがあります。
こういう単語の意味の違いは、津々浦々と米国で健康を鍛え上げるとうもくろみの違いも生み出してしまうものなのです。
「ワーク圏外」という単語は、米国では体を動かしたり、鍛えたりすることを指します。
「ワーク圏外」という単語は邦人なら「ワーク=職種」「圏外=欠かす」としてしまうが、米国では「回答」についてで用いられます。
筋肉を鍛えて美しいボディー進路にしたい、健康に良くなりたい。
こうした自分が掲げたもくろみを達成させるために自発的に行っている作用であるため、米国では「ワーク圏外=回答」と呼ばれるのが一般的なのです。

君たち、連日エクササイズをしていますか?
何だか忙しかったりで日にちがなかったり、今日は雨降りだからとか、今は季節みたいに寒いからとかのでそれほどエクササイズをしないという方もいるかもしれません。
本当は私もそのうちの単独だ。
忙しさにかまけてなんだか定期的にエクササイズをしないでいらっしゃる。
ただし天気も良くなり温かくなってきたので、これからは多少なりともエクササイズをしようかなと思ってはいます!笑
さて、レッスンという単語がありますが、日本では「レッスン」という単語を「運動する」「体調を鍛え上げる」についてで通じることが多いです。
但し、米国での「レッスン」という単語は「(軍隊の)演習」「(犬の)養成」「(懲罰の要項を含む)鍛錬」についてで使われます。
米国での「レッスン」は、自発的に立ち向かうものではなく、やらざるを得ない演習・鍛錬なのです。
そのため、もしもアメリカンの近隣に「クラブでレッスンをした」というと、「必ずやらされた」って思われてしまう。
つまり、本来の「レッスン」という単語には自発的に体調を鍛え上げるという意味合いが含まれていないのです。
美しくなる結果・健康になるために自発的に体調を鍛え上げるワーク圏外とは違い、あくまでも外部からの作用が少なからずあり、その与えられた目的のために強めることを言う。
こういう「ワーク圏外」という「レッスン」の意味の不等を分かり、同僚を理解すると、今までの「レッスン」は至って異なる心構えで健康を鍛え上げることができるようになります。xn--n8jl2hl84ascxcj81a9cqec9424lvyzd.xyz