暴行に関する勉学間近の目論みは!?

例年通報を見ていると、暴行が絶えないなぁと感じます。
過日も通報を見ていたら、どっかのセミナーで暴行があったものの、
セミナーそばが重大目的だと認識していなかったとのことで、練習委員会に公表を挙げなかったというのです。
セミナーそばが暴行があると認識したのは、本当に暴行が始まってから半年ぐらいたってからだということでした。
その暴行があったといった認識するのも鈍いのですが、一段と方法にのぼり掛かるまでのタームもかなり長いと感じますよね。
なぜセミナーそばはすぐに公表をしなかったのでしょうか。
ともかく、セミナーそばの師範も学徒を練習しなければならないという位置付けであるので、
ただ練習を教えればすばらしいというわけではなく、悪いことをしたら悪いことだと責めることも大事だと思います。
役割練習が終われば、そんなところまで教師に批判させる必要はない!という方もいるかもしれませんが、
何しろ、教師である以上、高校生の師範だろうが、個別セミナーの師範だろうが、カレッジの師範だろうが、
授業以外にも、大人としてのエチケットを報ずるべきだと思うのです。
セミナーそばは学徒同士で勝手にやることだからと、首を突っ込まないようにしていたのでしょう。
学徒同士で攻略できなければ、成人が首を突っ込むしかないのです。
高校ともなれば、いよいよ成人ですので、我々ところで解決できると思いたいのですが、
では温かく見守り、でも攻略できないようであれば教師が関係を取り持つことをしなければいけないと思います。

毎年業界をにぎわせる「暴行不安」。
いつになっても暴行はなくならないですよね。
も、何故暴行は起こってしまうのでしょうか。
小学生や中学、高校生となると全校で多いところは1000人物近辺いるのでしょう。
ほとんど数多くの学徒がいれば、確かに何らかの問題が起こっても仕方ないケースなのかもしれません。
どこまでを暴行だと認識するのかにもよるかもしれませんが、言わばセクハラと同じように
暴行をされている人物の子どもが、それを達することによって嫌ですなとか、不愉快ですなとか思えるようであれば
適切暴行になるのかもしれません。
いじめる子どもにも問題がありますが、いじめられる子どもにもなにか原因があるはずです。
多分周りの子どもはちょっぴり違って、逸れているからこそ外野にしたくなる・・
みんなと同じにできないから、目障りになって暴行をしてしまう・・
あるいは、いじめられる子どもがあまりにも可愛かったり、イケていたり、念頭がよかったりといった
周りに比べると洗い浚いがダントツであり、それを僻むことによって暴行が起こる・・
なんてこともあるかもしれません。
かといって、いじめられる方もどうすることもできないでしょう。
下手に何か口にしたら、それが余計に腹立つ!などと言われてしまうかもしれないし、
黙っていたら黙っていたで、やっと言え!って罵られるかもしれません。
下手に手向かうよりも、何しろ師範や家事に相談するのがいいのかもしれません。http://xn--hmb-6b4b4f7kmb6a7t2a5id.xyz/